風俗嬢に説教をするのはやめたほうが

風俗嬢からすると、嫌いな客の上位にランクインするのはやはり、説教をするお客だといいます。
説教というのは、客が女の子に言うわけです。
いろいろなテクニックでさんざん気持よくしてもらってすっきりしてから、それが始まるそうです。こんな仕事をしてるなんて親は知ってるのか?どう言ってる?どう思うんだろうなあ?だとか、こんな仕事をいつまでできるかわからないんだから、とっととやめて国へ買ったほうがいいんじゃないのか?だとか、そんなことを言うわけです。
はっきりいって、女の子はそんなことを承知しているでしょうし、お前には関係ないだろう、と言われてしまうようなことですが、クドクドと言う人が本当にいるそうです。そんなに風俗嬢をやめさせたければ、お前が客としてお店に行かなければ風俗嬢が一人くらいは減るかもしれないぞ?と思います。相手がお客さんだから、強く言えないということを知っていて、自己満足のために説教をしているのでしょうから、たちが悪いです。
そんなにきつい仕事をさせているという自覚があるのなら、感謝を示すべきでしょう。お礼を言わないだけではなく、女の子の足を引っ張るようなマネをするのは、一人の男としてどうかと思います。

連休だから風俗に行こう!という訳で前から楽しみにしていた風俗店へ直行。いよいよ絶頂という段階になり、嬢の生温かい口の中にビュッビュッと精液を出したまでは良かったが、思いのほか気持ちよくないという経験をした記憶がアナタにもあるのではと思う。
どうすれば性的快感を高める事が出来るのかについての研究は殆どされていない様だ。誠に残念なことであり、こんな事では風俗に行っても楽しめない。権威ある方々ですら何も分かっていないのなら、ド素人の私が語るしかなくなってしまうではないか。全国の研究者達、しっかりしなさい!今後は役に立たない研究よりも、生活に身近な性の研究に早急に取り組むよう期待している。
怒りを鎮め冷静になって性的快感について述べたい。気持ちよくなる上で大切なのは若さ、そして包皮が平常時の亀頭を包んでいる事である。それは何故か?若い方が亀頭の表面が柔らかく刺激に敏感だからだ。これは加齢と共に鈍感になってしまう。これを送らせるのに有効なのが包皮の存在だ。亀頭への無用な刺激を防ぎ敏感さを保つ効果がある。
亀頭を刺激するのは風俗で遊ぶ時とセックスする時だけだと心得よう。普段から亀頭をむき出しにしては絶対にいけないのだ。

妊婦専門の風俗で働くかどうか

風俗にもいろいろありますが、変わったものでいえば妊婦専門の風俗もあります。
もし妊婦さんが、そういうお店で働こうか、でも激しいプレイをして赤ちゃんが心配だからやめておこうか、と考えていたら、もう少し詳しい検討をしたほうがいかもしれません。
それは、お店の側としても問題は起こしたくないので、妊婦さんを使った風俗店では、お客さんと女の子の肌の接触を禁じているところもあるからです。あくまで、自慰行為を手伝うという役割を演じるわけです。
ですから、お客さんが強引に女の子の体にのしかかってきたせいで赤ちゃんが圧迫される、というような心配はあまりなさそうです。できれば、面接のときなどに、そのお店が妊婦の安全に対してどの程度真剣に考えているか、も探っておけるといいでしょう。
もちろん、赤ちゃんのことを第一に考えるのでしたら、風俗店で働くということは選択肢に入れないほうがいいでしょうが、合法的にお金をたくさん手に入れなければならない状況、というものはあります。そういうときに、もし、妊婦専門の風俗でお客さんとの接触をせずにすむというお店を知っているか知らないか、という違いは、もしかしたらその後の人生に大きく影響するかもしれません。

おすすめさいと

京都の祇園風俗でおすすめはなでしこキャンキャン

サブコンテンツ

このページの先頭へ